長生き 動物

アディポネクチンを増やして長寿を目指しましょう!予防医学のデータに基づいたサプリであればアディポネクチンを最大に増やせるかもしれません。
口コミに頼らないアディポネクチンサプリ!

長生きする動物トップ3を見習う!長寿をめざすための理由と秘訣について

投稿日:

今回はすこし趣向というか視点を変えて、世界の長生きをする動物について長寿へのヒントを得てみようと思います。

こうして詳しく調べてみると、われわれ人間など哺乳類は寿命が短いもの。

長生きをしている動物トップ3は、いったいどんな生活をしているのでしょうか?

長寿ホルモン アディポネクチン
もともと持って生まれた違いはあるものの、きっと何かヒントがあるはず。
一度きりの人生を、少しでも長生きできるよう探ってみます!

長寿ホルモン アディポネクチン

世界中から探した長生きをする動物①ベニクラゲは不老不死!?

長生き 動物

不老不死と言われる「ベニクラゲ」は世界で最も長生きな動物です。

長生きする動物というより、捕食されない限り寿命を迎えることはありません。

ベニクラゲの3〜10mmととても小さなクラゲで、

世界中の温帯から熱帯で生活し日本でも温かな海域であればどこにでもいます。

通常のクラゲは成熟した後はどんどん衰退していきまが、ベニクラゲの場合は衰退することはありません。

 

ベニクラゲが長生きする理由は、負傷や老化が進んだり環境などによるストレスが溜まったりすると、自分の身体を退化させてどんどん若返っていくため。

長生き 動物

ベニクラゲはポリプという丸いお団子状になって、そこから細い管を出し、岩などにくっついてまた成長していきます。

その過程は2〜3日程と短い期間で行われています。

 

ベニクラゲは自らiPS細胞を作りだすことができる存在ですが、残念ながらこの若返りのメカニズムは未だ解明されていません。

そしてベニクラゲと人間の遺伝子構造はとても似ています。

この若返りのメカニズムが解明されれば、

人間も不老不死とまでいかなくても、若返ることや今よりももっと長生きができるようになることも夢ではありません。

 

不老不死と言われても、ベニクラゲは絶対に死なないということではありません。

とても小さな生態のため、他の動物には格好の餌となります。

魚や他のクラゲに捕食されたり、病気になった場合には私達と同じように死を迎えます。

 

早死にを防ぐ!長寿をめざすために改善しておきたい8つの原因と生活習慣

早死に‥と聞くとまったくいい響きではありませんが、それゆえに最善の注意を払って気を付けておきたいところです。 そこで早死にのリスクを少しでも減らすためにも、毎日の生活で注意しておきたい8つの生活習慣と ...

続きを見る

長生きをするための「縁起物」とは?抑えておきたい3つのポイント!

長生きと縁起物の関係についてろいろと調べてみました! いったいどんな関係があるのか?本当に長生きができるものなのか? まあこういったものは昔からの迷信のようなところもあるかと思いますが、もし本当にしっ ...

続きを見る

世界中から探した長生きをする動物②薬にもなってる海綿動物ってなに!?

長生き 動物

2番目に長生きなのは南極海の「海綿動物」についてです。

世界中の熱帯海域からあらゆる海に海綿動物は生息しています。

多細胞生物としてとても原始的で単純な組織器官であり、赤や紫など様々な色であったり、壺のような形態や筒状のものがいくつも付いているようなものなど様々な形態をもっています。

 

一応動物でありますが、とても動物とは思えない姿をしており、細かな網目状の身体は化粧や沐浴に使うスポンジとして使われています。

長生き 動物

また、医療の面では抗がん剤や抗マラリア剤などとしても使われており、人間との関わりがとても深い生き物です。

 

海綿動物の特徴は、筋肉や感覚器官がいことや自ら動かないこと、外敵となる生き物いないことや栄養も水分から摂取できることです。

また、身体の表面側にある小孔と呼ばれる無数の孔から摂取したエサや水を、

開口部から呼吸をするかのように水だけを吐き出す循環システムも大きな特徴です。

長生き 動物

内側の空洞部は胃腔といい、鞭毛を有する襟細胞が多くあり、鞭毛により小孔から大孔へ水を循環させる構造は水溝系と呼ばれています。

そんな海綿動物の寿命は基本的にとても長く、環境によっては数千年とも言われています。

その中でも南極海の海綿動物が最も長生きと言われており、1550年生きているものも発見されているそうです。

なぜ、南極海の海綿動物が長生きかというと、

水温が他の海域より低く、成長もゆっくりなためではないか?と言われています。

 

長生きをするためにはどんな習慣が大切?最低でもこの3つには注意!

長生きを目指すにはどんな「習慣」を心掛ければよいのでしょうか? 私たち若年者にはまだまだ未知数な長寿の世界にはどんな習慣が存在するのか?いろいろと調べてみたら3つのポイントは押さえておいた方が良さそう ...

続きを見る

長寿につながる栄養ってどれが効果的?代表的な3つを徹底的に検証!

長寿につながる栄養ってどれが効果的なのか調べてみると、代表的なもの3つが分かりましたので徹底的に検証してみようと思います。 その栄養だけを摂るっていうのも偏ってしまいますので、なるべく満遍なく摂りなが ...

続きを見る

世界中から探した長生きをする動物③生命力の強いホンビノスガイとは!?

長生き 動物

3番面に長生きな動物は「ホンビノスガイ」という二枚貝です。

本来、ホンビノスガイは北アメリカの大西洋側に生息していましたが、食用としてヨーロッパや中国、台湾や日本に移入されました。

日本では千葉港や大阪湾などで発見されており、

ハマグリが減少し、その代わりとして出回っていた時には白ハマグリや大ハマグリと呼ばれていました。

しかし、現在は食材偽装問題や消費者に対して誤解を与えないよう、本来の名前であるホンビノスガイと呼ばれています。

 

この貝は食材としても様々な料理として使われており、今では千葉のブランド水産物として選ばています。

長生き 動物

大変生命力が強いため水揚げされてから、

1週間程度は水につけなくても保存が可能なため「食材としてかなり優秀」と呼ばれています。

 

ホンビノスガイがなぜ長生きするのかは現在はっきりとしていません。

ただ、東京湾辺りでたびたび発生する貧酸素化(青潮)でアサリや他の貝達が深刻な状態になる中、ホンビノスガイは青潮が1週間続いても生き延びてられるそうです。

 

ホンビノスガイは漁獲されたり天敵である動物によって食べられることがなければ、基本的に50年以上生き、100年、200年と長生きする動物です。

ホンビノスガイの中でも最高齢である507歳の「明」はアイスランドで見つかったており、その名前の由来通り、中国の名王朝が栄えてた時期から生きていました。

その「明」も調査の際に死んでしまったそうです。

 

長寿ホルモンアディポネクチンが減ると老化が進む!?減らさない3つの注意点

アディポネクチンと老化の関係とは? 誰もが生きている時間が長くなると体の老化現象が起こりますが、血液中のアディポネクチン値が多い状態を維持していると元気に長生きできるといわれています。 この数値は血液 ...

続きを見る

長寿の秘訣に最適といわれる発酵食品のすごい3つのパワーとは!?

長寿になる人はどんな食べ物を積極的に摂っているのか調べてみた所、どうも「発酵食品」が大きなカギになっているようです。 そこで今回は発酵食品にスポットを当てて、詳しく探っていこうと思います! 一度きりの ...

続きを見る

長生きをする動物からわかった長寿の秘密

長生き 動物

長生きな動物トップ3をあげましたが、なぜ長生きするのかなど、まだまだ分からないことがたくさんあります。

これらをまとめ感じたのは、

長生きな動物ほどジッとして動くことがないということです。

人もそうですが、せかせかと生きている人より、のんびりとストレスをあまり感じない人の方が長生きしています。

人も動物ものんびりと、あまりストレスを溜め込まないことが長生きの秘訣なのだと思います。

長寿ホルモン アディポネクチン動物からも見習う部分はありますね!

過度なストレスは、目に見えなくても様々な病気を引き起こす原因となります。長生きをする動物のように、自分で身を守っていくことも考えながら長寿を目指していきましょう!

ゲンキの時間で紹介された長寿ホルモン「アディポネクチン」とは?

TBSテレビ「ゲンキの時間」で紹介されていた、長寿ホルモンアディポネクチンを詳しく知りたい! 超善玉って言われるほど、そんなにすごいホルモンなの? と気になるあなたへ、長寿ホルモンアディポネクチンにつ ...

続きを見る

長生きにつながるアディポネクチンを確実に増やす方法って?

アディポネクチンを増やす方法ってどうしたらいいの‥? 確実にアディポネクチン増やすことってできるの‥? というのは、じつは先日受けた私へのご相談なんです。   こんな私でもアディポネクチンや ...

続きを見る

 

aaa

関連成分No.1!私のおすすめは岡部先生の「DSアディポ」です!
一緒に長生きしましょう!
アディポネクチンを増やす期待が最強のサプリです。

 

%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9d

No.1「DSアディポ」

大豆たんぱく(βコングリシニン)
食用亜麻仁油(オメガ3脂肪酸)
食用胡麻油(オメガ3脂肪酸)
シークワーサーエキス末(ノビレチン)
ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、レシチン

>>岡部先生が作ったDSアディポ公式サイト<<

いちばん有効と言われるβコングリシニンを筆頭にほか2つの主要成分も入っています。
3つの成分が全て入っているのは、このDSアディポだけです。
テレビ出演などでも有名な岡部先生が開発に関わっていることで話題になっています。

中はこのような感じです。

※アディポネクチンサプリは、安全のためにも正規の公式サイトがおすすめです。

 

スポンサードリンク


 

長寿ホルモン アディポネクチン

-長寿あれこれ
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 長寿ホルモンアディポネクチンを増やす食べ物や運動を徹底的に探っていく! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.