長寿ホルモン アディポネクチン

アディポネクチンを増やして長寿を目指しましょう!予防医学のデータに基づいたサプリであればアディポネクチンを最大に増やせるかもしれません。
口コミに頼らないアディポネクチンサプリ!

長寿ホルモン「アディポネクチン」がもっとも増やせる有酸素運動ベスト3を探る!

更新日:

アディポネクチン有酸素運動の関係について、詳しく調べてみています。

少しでも長生きするためには、どんな有酸素運動がもっとも適しているのか?という疑問を持ったので、いちど詳しく調査してみようと思いました。

調べてみると今までに知らなかったこともわかって、これなら長生きが出来るのでは‥と感じたので詳しくお伝えしていこうと思います!

運動といってもハードなスポーツは呼吸を止める場面も出てくるので、あまりアディポネクチンを増やすためには向いていないようです。
あくまでも有酸素運動によってアディポネクチンを増やすことが期待できます!

アディポネクチンを増やすには正しいサプリ選びが大切。
予防医学に基づいたアディポネクチンサプリで長寿をめざしましょう!

アディポネクチン サプリ 楽天

長寿ホルモン アディポネクチン
アディポネクチンサプリランキング!主要成分量が多い順です

長寿ホルモンの分泌に効果が期待できるアディポネクチンサプリをランキングにしました。 こうしてアディポネクチンサプリをランキングにしてみると、入っている有効成分の違いがよく分かって選びやすくなるものです ...

続きを見る

アディポネクチンと有酸素運動の関係とは?

アディポネクチンと有酸素運動の関係とは?

長寿ホルモンのアディポネクチンと有酸素運動は切っても切れない関係にあります。

なぜなら、このホルモンの分泌を促すためには標準的な体型でいることがとても大切だからです。

脂肪細胞から分泌されるホルモンなので、肥満体型の方が出やすいと誤解している方もいらっしゃいますが、平均体重より太りすぎているとあまり分泌されない特徴があります。

 

太りすぎていると脂肪細胞が圧迫されるために長寿のためのホルモンどころか、かえって悪性物質の分泌を促す恐れがあるので注意が必要です。

反対に痩せすぎていると脂肪細胞の量が足りないのでほとんど分泌されません。

脂肪細胞を適度に保ちつつ標準体型を維持するためには身体を動かす対策が欠かせません。

 

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動①最低20分間のウォーキング

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動①最低20分間のウォーキング

一番簡単なアディポネクチンを増やせる有酸素運動は歩くことです。

普段あまり運動をする習慣がない方は、いきなりハードなエクササイズに取り組むと挫折にしやすくなります。

ウォーキングは体力があまりない方でも自分のペースで進めることができますし、正しいフォームで歩けば怪我を負ったり身体を痛めるようなこともありません。

運動に慣れていない方がいきなりジョギングを始めてしまうと膝や腰を痛めることもあるので、まずはゆっくり歩くことから取り組みましょう。

 

有酸素運動は始めてから20分ほど経つまでは脂肪ではなく糖をエネルギーとして消化します。

20分経過して初めて脂肪が消費され始めるので、少なくても20分以上続けることを目標にして下さい。

有酸素運動 アディポネクチン

仕事が遅い方や運動にふさわしい道が近所にない場合などは、家の中でもできるアレンジバージョンにトライしてみましょう。

もも上げアレンジバージョンは、「きょうつけ」の姿勢で立ち、腿を片方ずつ直角になるように上げて足踏みをするその場ウォーキングです。

脂肪細胞を刺激するためにもも上げも20分以上続けましょう。

普通のウォーキングよりも簡単ですが8割ぐらいの効き目があるので、アディポネクチンを分泌させる効果も十分にあります。

しっかり取り組むと額にうっすら汗をかくエクササイズです。

 

有酸素運動によって長寿ホルモンアディポネクチンを出したい、と希望するのは既に高齢になっている方も少なくありません。

普通のウォーキングやもも上げでもきついと感じるようなら無理をせず、かかと上げバージョンに挑戦してみて下さい。

有酸素運動 アディポネクチン

かかと上げは、直立姿勢でかかとだけ上げる足踏みを行う運動です。1日分約30分を目標にしますが、1回の運動は数分間で構いません。

数回に分けて行うことでゆるやかに身体を鍛え体力をつけることができます。

運動強度は外を歩いた時の3割程度しかありませんが、続けることが大切なので体力に応じて有酸素運動の種類を選ぶことが成功の秘訣です。

どうしても体が動かせないという人は、アディポネクチンサプリなどで補うのも効果的です。

 

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動②プールでのエクササイズ

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動②プールでのエクササイズ

アディポネクチンを増やすための有酸素運動は水中エクササイズも最適です。

通えるジムなどの施設がある場合は、水中ウォーキングで長寿ホルモンを増やしましょう。

最近は専用コースを用意する施設も随分増えているので、チェックしてみて下さい。

 

このエクササイズのメリットは、水の抵抗によってインナーマッスルまで強化することができるところです。

水の中をじゃぶじゃぶ歩くので運動を行う本人も楽しく感じ、ストレス発散になることも魅力ですが、陸上を歩くよりたくさんカロリーを消費しやすいことも見逃せません。

水より空気の方が抵抗感が少ないため、同じ歩く作業でも消費カロリーは水中の方が上です。しかも、

浮力があるので身体にかかる運動中の負担も軽くしてくれます。

例えば、体重50kgの方は立っているだけで脚など下半身に50kg分の体重がかかることになります。

さらに有酸素運動を行うと足首や膝、腰などに体重以上の負担がかかるため、怪我や故障のきっかけになります。

その点、水中だと水に浮く分体重の負担も軽くなるので、足腰に自信がない方、腰痛などの持病を抱えている高齢者にも無理なく行うことができる有酸素運動です。

重度の肥満体型で歩くと膝がきしむような方にも向いています。

 

浮力をカットする割合は水の深さにもよりますが、膝ぐらいまで水が浸かっているプールでも、浮力で30%ほど体重をカットしてくれることが分かっています。

腰までの高さなら約半分、胸までの高さなら70%も負担をカット可能です。コースを選ぶ時の参考にして下さい。

 

この水中エクササイズは自宅のお風呂でもできます。

有酸素運動 アディポネクチン

お風呂に入っている間、湯船に浸かりながらバタ足をするように両足を伸ばし、上下にバタバタと動かしましょう。

家庭用のお風呂でも水圧はあるので、本人が思うより効き目を感じることでしょう。

自宅風呂のお風呂バタ足なら入浴のついでにできるので、毎日の習慣にしやすいのもポイントです。

 

体力の衰えなどによってエクササイズができなければ、アディポネクチンサプリに頼ってみるのも手段です。

効果的な成分が入っているアディポネクチンサプリを選んでおくことが大切です。

 

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動③分泌量の高いスクワット

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動③分泌量の高いスクワット

ウォーキングも水中ウォーキングもアディポネクチンが増やせる効果的な有酸素運動ですが、もっとも分泌量が高い有酸素運動はスクワットです。

スクワットは腕立て伏せ同様、運動をする本人の筋力やペースによって有酸素運動にもなりますし、無酸素運動にもなります。

アディポネクチンの分泌を促すためには20分以上楽に続けることができる有酸素運動が最適なので、スクワットの時も呼吸を意識してゆるやかなエクササイズを心がけましょう。

 

スクワットの方法は基本的なものでOKです。肩幅に両足を広げて立ち、背筋をまっすぐ伸ばしましょう。

つま先よりも前に膝が出ないようにしゃがみます。再び息を吐き出しながら立って最初のポジションに戻りましょう。

お尻を突き出すようにしゃがむと姿勢を崩さずに済みます。

正しいフォームを守ることで膝や腰の負担を軽減できるので、最初は鏡を見ながら角度などを確かめて下さい。

5分間スクワットをゆっくり繰り返し、どこにも痛みを感じないようならちょうど良い負荷と判断できます。

 

もし膝に痛みを感じるようなら、膝にかかる負担が少ないハーフスクワットに切り替えましょう。

お尻を下まで落とさず、もっと浅い位置で止めるスクワットです。

スクワットのメリットは、室内のちょっとしたスペースがあればいつでもできることでしょう。

わざわざジムに通う必要もありませんし、雨の日でもお休みする必要はありません。

単純なエクササイズにも関わらず全身の筋肉を鍛えることができますし、脂肪燃焼効果も抜群です。

 

スクワット1回で腹筋を50回から100回行ったのと同じぐらいカロリーを消費するとも言われています。

効率よく脂肪細胞を刺激することができるので、忙しい方にもぴったりです。

特に太ももを鍛えることができるので、下半身の血流も良くなり冷え対策にもなります。

 

年齢を重ねるほど何も対策を施さなければ筋肉は衰えていきますが、特に下半身の筋肉は衰えやすいので注意が必要です。

スクワットはハムストリングスやお尻の大殿筋など重要な筋肉を鍛えることができるので、年齢を重ねても筋肉をしっかり維持することができます。

 

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動ベスト3まとめ

アディポネクチンを増やす期待大の有酸素運動ベスト3まとめ

アディポネクチンを増やせる有酸素運動ベスト3のウォーキング、水中ウォーキング、スクワットをご紹介しました。

有酸素運動は自分のペースに合わせて負荷を調節しやすいのがメリットなので、体力や年齢に合わせて快適に続けられるものを選びましょう。

例えばウォーキングも運動強度に応じて数種類のアレンジ方法をお伝えしたので、徐々にステップアップしていくのもおすすめです。

 

脂肪細胞からアディポネクチンが分泌されると、数え切れないほど多くの健康促進作用を得られます。

脂肪を燃焼して脂質異常症を予防、改善する効果、血管を拡張して高血圧の予防改善効果も期待することができます。

血管を修復して動脈硬化に備えることもできますし、悪性腫瘍の増殖を抑制しがんを予防する働きがあることも分かっています。

 

運動が苦手という場合などであれば、アディポネクチンサプリに頼ってみてください。

手軽にアディポネクチンを増やす効果が期待できるので、年齢問わずおすすめです。


諸々の健康効果が重なり合い寿命が伸びる効果に繋がります。ライフスタイルに自然に組む込むことが大切なので、疲れている時はお休みしましょう。義務感からしぶしぶやるのではなく、楽しんで取り組める運動を見つけて下さい!

 

アディポネクチン 筋トレ
アディポネクチンって筋トレすると増える?いったいどんな関係があるのか徹底調査!

アディポネクチンは筋トレをすることで増えるのか? という疑問を持ったので、いちど徹底的にアディポネクチンと筋トレの関係について詳しく調べてみました。 今まで耳にしてきた情報の中には「筋トレをし過ぎると ...

続きを見る

➝長寿ホルモンアディポネクチンサプリを詳しく知る!

私も実践していますが、

少しでも長生きをするには、予防医学の力を借りるのもおすすめです!

長寿ホルモン アディポネクチン

aaa

関連成分No.1!私のおすすめは岡部先生の「DSアディポ」です!
一緒に長生きしましょう!
アディポネクチンを増やす期待が最強のサプリです。

No.1「DSアディポ」

%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9d

大豆たんぱく(βコングリシニン)
食用亜麻仁油(オメガ3脂肪酸)
食用胡麻油(オメガ3脂肪酸)
シークワーサーエキス末(ノビレチン)
ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、レシチン

 

>>岡部先生が作ったDSアディポ公式サイト<<

いちばん有効と言われるβコングリシニンを筆頭にほか2つの主要成分も入っています。
主要といわれる3つの成分全てが入っているのは、このDSアディポだけ。
テレビ出演などでも有名な岡部先生が開発に関わっていることで話題になっています。

中はこのような感じです。

※アディポネクチンサプリは、安全のためにも正規の公式サイトがおすすめです。

 

スポンサードリンク


 

長寿ホルモン アディポネクチン

-長寿ホルモンアディポネクチンについて
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 長寿ホルモンアディポネクチンサプリの効果などを医学予防から徹底的に探る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.