アディポネクチンを増やして長寿を目指しましょう!予防医学のデータに基づいたサプリであればアディポネクチンを最大に増やせるかもしれません。
口コミに頼らないアディポネクチンサプリ!

長寿ホルモンアディポネクチンの増える野菜って!?知っておきたいベスト3!

更新日:

アディポネクチン野菜の関係について、私たちが長生きのためにできることを探ってみました!

調べてみると野菜であれば「とにかく摂ればいい!」というものでもなく、アディポネクチンが増えやすい野菜があることがわかりましたので詳しくお伝えしていこうと思います。


一度きりの人生を少しでも長く生きるために、ぜひ一つの知識としてお役立てください!
長寿ホルモン「アディポネクチン」を増やして、みんなで笑って長生きをめざしましょう!

アディポネクチンを増やすには正しいサプリ選びが大切。
予防医学に基づいたアディポネクチンサプリで長寿をめざしましょう!

アディポネクチン サプリ 楽天

長寿ホルモン アディポネクチン
アディポネクチンサプリランキング!主要成分量が多い順です

長寿ホルモンの分泌に効果が期待できるアディポネクチンサプリをランキングにしました。 こうしてアディポネクチンサプリをランキングにしてみると、入っている有効成分の違いがよく分かって選びやすくなるものです ...

続きを見る

アディポネクチンと野菜の関係

アディポネクチンと野菜の関係

近年アディポネクチンという物質が長寿ホルモンの一つであることや、脂肪を燃やしたり傷ついた血管を修復したり血糖値を下げる働きがあることが判ってきました。

この長寿ホルモンは脂肪細胞から分泌され、太りすぎて内臓脂肪が多すぎ、痩せすぎて内臓脂肪が少なすぎても分泌量は減るといわれています。アディポネクチン自体を摂取することは困難ですが、分泌を増やす食材を選んで摂ることは私たちでも可能です。

また、非常に構造が似ているオスモチンという成分を多く含む食材を摂ることでアディポネクチンを摂ったことと同じになると考えられ、その食材の一つが「緑黄色野菜」です。

アディポネクチンが増やせる野菜①緑黄色野菜

アディポネクチンが増やせる野菜①緑黄色野菜

現在、厚生労働省では1日に350g以上の野菜を摂取するように呼び掛けており、350gのうち150gは緑黄色野菜で摂ることを推奨しています。

野菜は「健康に良い」と理解していても、意識しなければ十分な摂取をすることができません。1食1皿以上・1日5皿分を食べることを目指しましょう。調理の工夫をしたり、簡単に野菜を多く食べる料理を取り入れてみましょう。またその際には主食・副菜・主菜をそろえた食事を心がけ、調味料などにも工夫をしてみましょう。

参考:厚生労働省HP e-ヘルスネット「野菜、食べてますか?」より抜粋

緑黄色野菜は文字通り緑や黄色などの色の濃い野菜で、皮だけではなく中身までしっかりと濃い色になっているものです。

きゅうりは皮は緑色ですが中は白っぽい色なので、緑黄色ではありません。キャベツも一番外側の葉は緑色が濃いですが、中の方の葉は白っぽい色なのでこれもまた緑黄色ではありません。小松菜やトマトやピーマンのように、中までしっかりと濃い緑色をしたものが緑黄色野菜です。

アディポネクチン 野菜

野菜に多く含まれる食物繊維に、アディポネクチンの分泌を促進させる作用があると言われています。

野菜ではありませんが、欧米での研究でオートミールやオートブランをよく食べている人にアディポネクチンの数値が高い人が多い傾向があると発表されています。オートミールやオートブランには食物繊維がたくさん含まれるからではないかという見解です。

 

これらの緑黄色の中で特におすすめなのは、トマトだと考えられています。

健康情報番組では何かと登場の多い食材が「トマト」です。「この番組はトマトだと答えておけば、たいていは当たる」などと言っている番組の回答者もいますが、やはり長寿ホルモンを増やすと言う側面から見ても、トマトは優秀な食材と言えます。

アディポネクチン 野菜

トマトには、オスモチンという物質がたくさん含まれています。オスモチンは、アディポネクチンに非常に構造がよく似た物質です。

オスモチンは、分子量が小さいので胃で分解されにくく、そのままの状態で小腸まで届くと言う特徴や、AMP活性プロテインキナーゼの働きを活性化する役割を担っているという特徴があります。

AMP活性プロテインキナーゼと言うのは、糖質や脂質を分解する酵素です。

この酵素の働きを活性化させているので、オスモチンはメタボリックシンドロームの解消につながる物質だと言われています。

適性な体重になったらアディポネクチンサプリでさらに長寿へつなげるのも良い方法です。

 

アディポネクチンが増やせる野菜②完熟する前の青さがポイント

アディポネクチンが増やせる野菜②完熟する前の青さがポイント

オスモチンは、トマト以外にもピーマンにもたくさん含まれています。そしてオスモチンは野菜の皮や種など捨ててしまいがちな部分に多いのです。

料理によってはピーマンの皮をはがしてしまうこともありますが、皮を剥かずに食べた方がオスモチンをたくさん摂ることができます。

アディポネクチン 野菜

オスモチンは完熟した野菜よりもまだ青さが残っている野菜に多く含まれているということも、見逃せない特徴の一つです。緑色のピーマンはまさに、完熟する前の状態なので、オスモチンを効率よく摂ることができます。

青臭くて苦手だと言う人も少なくないようですが、あの青々とした色にはオスモチンと言うアディポネクチンと同様の効果が期待できる物質がたくさん含まれています。

 

2個(およそ60g)で、1日に必要なビタミンCの約半分を摂取できるので、この点から見ても優秀な野菜と言えるでしょう。βカロテンもたくさん含有されています。

お値段もお手頃価格なので、毎日の献立に取り入れるようにしましょう。

アディポネクチンだけではなく、βカロチンやビタミンCと言った側面からもお勧め食材と言えます。

どうしても難しければサプリなどで補うのも効果的です。

アディポネクチン 野菜

サラダの彩にピーマンを細く切って入れたり、肉料理の付け合わせに添えたり、焼きそばにもキャベツだけではなくピーマンを入れるなど、少し工夫して加えてみると良いでしょう。

また、料理によってはピーマンを焼いて皮を剥くと言うこともあるかと思いますが、既述している通り、オスモチンは皮に多いです。皮を剥く必要のない料理の場合は、できるだけ皮を剥かずに使ってください。その方がオスモチンを効率よく摂れます。

 

熟した赤いものよりも青いピーマンの方がオスモチンが多いです。パプリカや赤ピーマンがダメという訳ではありませんが、いつもいつもパプリカや赤い方ばかりではなく、青ピーマンも取り入れるようにすると良いでしょう。

同じものばかり食べるのではなく、いろいろな食材を満遍なく食卓に取り入れることで、自然と栄養のバランスも良くなっていきます。

その他にも、アディポネクチンを増やす食材として、野菜ではなりませんが豆腐などの大豆製品や海藻、アジやサバやイワシなどの青魚があげられています。

サプリでも多くの種類がありますので、補助的に考えてみるといいですね。

 

アディポネクチンが増やせる野菜③リンゴやサクランボ

アディポネクチンが増やせる野菜③リンゴやサクランボ

オスモチンは、リンゴやサクランボやぶどうやキウイフルーツ、じゃがいもやとうもろこしにも多く含まれます。

しかし、オスモチンにしろβカロチンにしろリコピンにしろ、栄養は単独では働きません。個人プレーではなくチームプレーで働くのが栄養です。それだけ食べていても効果は半減してしまいます。

 

あまり、「これを食べなくては‥あれも食べなくては‥」と細かく考えるよりも、いろいろな食品を満遍なくバランスよく食べることが大切です。そうすることによって、意識しなくても知らず知らずのうちにアディポネクチンを増やす食材も食べていることが多いです。

アディポネクチン 野菜

健康情報番組で、この食材が良いと言う情報を聞くと、猫も杓子もと言う感じでみんながその食品を購入しに行きます。そのため、放映後しばらくの間はスーパーの食品棚からはその食材が品切れ状態となり、「入荷待ち中です」という紙が貼られていたりします。

ところが、1ヶ月も経過するともう飽きてしまったのか、逆に急遽大量に仕入れた商品が売れ残っていて、誰も注目しなくなっているというケースもしばしば見られます。

せっかく健康情報番組で紹介されても、多くの場合は、2週間や1ヶ月ほどのブームで終わってしまっているのが残念です。

 

このように、一時的にその食材ばかりを頑張って食べるのではなく、少しだけ意識して緑黄色野菜もしっかり食べるという感じでOKです。

今日の夕ご飯は何にしようかと迷った時などに、ちょっとアディポネクチンのことやオスモチンのことを思い出して献立を考えるようにしてください。

アディポネクチン 野菜

短期間だけがんばるのではなく長続きさせることが大切です。3日坊主や1週間だけの短期決戦にならないようにしましょう。

アディポネクチンという長寿ホルモンがあると言うことを自分の知識の引き出しの中に入れて、毎日の健康づくりにお役立てください。

どうしても取り入れるのが難しければ、アディポネクチンサプリも有効な方法です。

 

アディポネクチンが増やせる野菜まとめ

アディポネクチンが増やせる野菜まとめ

アディポネクチンそのものを食べて摂取することはできないので、分泌を増やす作用のある食材を選んで食べることが大切です。分泌を増やす作用のある食材には、緑黄色野菜や海藻、大豆製品、サバやアジやイワシなどの青魚があげられます。

 

アディポネクチンに非常に構造が似ている物質にオスモチンがあります。同様の作用が期待できると考えられています。

オスモチンを多く含む食材には、トマトやピーマンやトウモロコシやジャガイモ、リンゴやサクランボやぶどうやキウイフルーツなどがあります。オスモチンは皮や種に多く含まれているので、トマトやリンゴは皮ごと摂取する方がベターです。

 

また、オスモチンは完熟しているものよりも熟す手前の方が含有量が多いことが判っています。ピーマンはまさに熟す前の状態なのでお勧め食材です。そして、トマトはリコピンも多く、リコピンの抗酸化作用が期待できるのでお勧め度が高いです。

もしもアディポネクチンサプリを選ぶ場合は、お伝えしたような効果的な成分がしっかりと入っているかを確認してください。


しかし、これらだけを一生懸命食べるのではなく、満遍なくバランスよく摂取することが重要です。
栄養は単独では働かず「チームで働いている!」という辺りを心掛けていきましょう!

 

<参考資料>

口コミに頼らないアディポネクチンサプリ!長寿ホルモンを絶対に増やす!

➝長寿ホルモンアディポネクチン サプリを詳しく知る!

私も実践していますが、

少しでも長生きをするには、予防医学の力を借りるのもおすすめです!

長寿ホルモン アディポネクチン

aaa

関連成分No.1!私のおすすめは岡部先生の「DSアディポ」です!
一緒に長生きしましょう!
アディポネクチンを増やす期待が最強のサプリです。

No.1「DSアディポ」

%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9d

大豆たんぱく(βコングリシニン)
食用亜麻仁油(オメガ3脂肪酸)
食用胡麻油(オメガ3脂肪酸)
シークワーサーエキス末(ノビレチン)
ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、レシチン

 

>>岡部先生が作ったDSアディポ公式サイト<<

いちばん有効と言われるβコングリシニンを筆頭にほか2つの主要成分も入っています。
主要といわれる3つの成分全てが入っているのは、このDSアディポだけ。
テレビ出演などでも有名な岡部先生が開発に関わっていることで話題になっています。

中はこのような感じです。

※アディポネクチンサプリは、安全のためにも正規の公式サイトがおすすめです。

 

スポンサードリンク


 

長寿ホルモン アディポネクチン

-長寿ホルモンアディポネクチンについて
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 長寿ホルモンアディポネクチンサプリの効果などを医学予防から徹底的に探る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.