アディポネクチンを増やして長寿を目指しましょう!予防医学のデータに基づいたサプリであればアディポネクチンを最大に増やせるかもしれません。
口コミに頼らないアディポネクチンサプリ!

長寿ホルモンアディポネクチンが減ると老化が進む!?減らさない3つの注意点

更新日:

アディポネクチン老化の関係とは?

誰もが生きている時間が長くなると体の老化現象が起こりますが、血液中のアディポネクチン値が多い状態を維持していると元気に長生きできるといわれています。

この数値は血液検査をして測定することができますが、高い数値を維持できている人は血管のメンテナンス力が高い!とされています。血管に傷ができた時に自分の力で治したりすることができるというわけです。


アディポネクチンの数値を高くすることで健康維持ができ、そこからさらに長生きに繋がると考えられています。
アディポネクチンと老化の関係について少しでも長生きができるよう、勉強した知識をお伝えしていきます!

 

アディポネクチンを減らさず老化を防ぐ注意点①大豆製品や青魚を積極的に摂る

アディポネクチン 老化

アディポネクチンは食事との関係が深いとされており、特に必要だとされている成分はβコングリシニンというものです。βコングリシニンは大豆タンパク質に多く含まれている成分です。

大豆は植物性タンパク質が豊富で元々健康に良い食品として人気がありますが、低脂肪で高タンパクというメリット以外にもβコングリシニンが含まれていることで老化を予防する力もあるという新しい利点があるとも言われています。

アディポネクチン 老化

βコングリシニンを摂取するとアディポネクチンの分泌を増やす作用が期待できるので、積極的に摂取したい成分です。

そのためには大豆たんぱく質が多く含まれている食品をとることが最も効率の良い方法ですが、実際にβコングリシニンが含まれている量は木綿豆腐で100g中6.6g、絹ごし豆腐の場合には4.9gになります。

大豆製品は他にも高野豆腐や納豆がありますし、調味料の中では醤油や味噌が大豆から作られているものです。

 

食品に含まれる成分としては、他にも青魚に含まれるEPAも分泌量を増やす成分の一種だとされています。

青魚はアジやイワシ・サバ・サンマなどがあげられます。EPAは脂に含まれる成分なので、焼いたり煮たりした時に脂がでてしまうと、摂取量が少なくなってしまいます。

アディポネクチン 老化

生で食べるようなカルパッチョのような料理にするか、煮汁を一緒に食べるような調理法にすると良いでしょう。

この時に注意をしなくてはいけないのは、煮汁に含まれる塩分量が多すぎると、体にとって害が大きくなってしまう恐れがあるということです。煮汁を一緒に食べるような調理法にする時には、塩分過多にならないように気をつけましょう。

 

さらに赤い色の鮭やエビなどに含まれているアスタキサンチンもアディポネクチンの分泌を促進させるといわれているので、青魚ばかりでは飽きてしまうという人はアスタキサンチンが含まれている食材も利用すると良いでしょう。

他にも食物繊維や緑黄色野菜、マグネシウム、亜麻仁油もアディポネクチンを増やす作用があるので食事に取り入れると効果的です。

 

アディポネクチンを減らさず老化を防ぐ注意点②20分以上の有酸素運動

アディポネクチン 老化

食事以外でアディポネクチンを活発に分泌させるために必要だと言われているのが「運動」です。運動を定期的に行うことは内臓脂肪が余分に体についてしまうことを防ぎ老化を遅らせます。

内臓脂肪は皮下脂肪のように目に見えない場所にあるので、体重が平均内だったり痩せ型の体型をしていても内臓脂肪がついているという人がいます。

そして、内臓脂肪が増えるとアディポネクチンの分泌が減少してしまうことがわかっているので、できる限り余計な内臓脂肪がつかないようにすることが大切です。

 

そのためには脂肪の燃焼効果の高いとされている有酸素運動が効果的でしょう。

アディポネクチン 老化

有酸素運動は一定時間以上続けることで脂肪の燃焼効果が高くなるので、最低でも20分以上は続くような種類の運動にします。

内容がハード過ぎると短時間行っただけで体が疲れてしまい長時間続けることが難しくなるので、体が疲れ過ぎないようなものを選ぶことが大切です。そういった意味では体の負担の少ないウォーキングは有酸素運動としておすすめのひとつです。

ウォーキングであれば、途中で歩く速度を速くしたりと自分のペースが調整しやすいので、今まで運動をする習慣のない人でも始めやすい運動になります。

 

ほかには膝が悪い人に向いているのがサイクリングや水泳です。サイクリングはハードに動くものでなければ、膝に負担をかけずに運動をすることができますし、景色を楽しむという良さもあるので飽きずに続けやすい運動です。

アディポネクチン 老化

水泳は浮力が働くので、普段は足にかかっている体重がかなり軽減されて動きやすく感じます。また水の中で動くだけで、通常よりも多くのカロリーを消費するので、脂肪の燃焼効果も高くなります。

また体脂肪は目で見ているだけでは増えているのか減っているのかが分かりにくいものなので、定期的に体脂肪率を測定するようにして、体脂肪が増え過ぎていないかどうかのチェックをしておきましょう。

定期的に測ることで運動をする時のモチベーションにもつながります。

 

アディポネクチンを減らさず老化を防ぐ注意点③アルコールと喫煙について

アディポネクチン 老化

アディポネクチンはアルコールとも相性が良いということで、アルコール摂取により分泌が促進されます。しかしアルコールの場合には摂取量を適正に保つことが重要で、飲み過ぎてしまっては健康を害してしまいます。

アルコールの適量とされているのがビールであれば中瓶で1本、ワインはグラス2杯、焼酎0.7合ほどになります。

アディポネクチン 老化

アルコール摂取と言っても大量に飲むというよりは、たしなむ程度にしておかなくてはいけません。

アルコールの飲み過ぎは中性脂肪を増やし、アディポネクチンの分泌を悪くしてしまいます。そうなってしまっては本末転倒なので、アルコールを飲む時には飲み過ぎないように気をつけましょう。

 

そして喫煙も大きな影響を及ぼすということがわかっています。

若い世代の人で喫煙習慣がある人はアディポネクチンの分泌量が少ないという研究結果が出ており、それだけでなくナチュラルキラー細胞の働きが悪いということもわかっています。

アディポネクチン 老化

ナチュラルキラー細胞はがん細胞などが体の中にできた時に働く免疫系の細胞で、健康を保つためには非常に重要な働きをするものです。そして動脈硬化を防ぐと言われている善玉コレステロールも低い値になるということで、体脂肪が増えやすい状態になっていることが分かります。

体がこういった状態になっていると老化を促進させてしまい、健康をキープすることが難しくなるでしょう。

 

喫煙は老化を促進するだけでなくガンの原因となったり呼吸器系の病気を引き起こす危険があるため、健康を損なう恐れの多いものです。健康に長生きしたいという希望をもっている時には喫煙などの習慣をやめることが大切です。

完全にやめることが難しい場合には本数を減らすなどできる限りの努力をして、すこしずつ本数を減らしていくと禁煙につながります。

 

アルコールと喫煙は長生きに大きな影響を与える生活習慣なので、若い年代であってもよい生活習慣を身につけられるようにしていきましょう。

 

アディポネクチンを減らさず老化を防ぐ!まとめ

アディポネクチン 老化

アディポネクチンは食事中に含まれる特定の食品を積極的に摂取することで、分泌量を増やせることがわかっています。普段から食事内容に気をつけておくことで、常に高い分泌量をキープしておければ老化の予防につながります。

 

また食事以外には定期的に運動をする習慣をもち、体脂肪率が高くなり過ぎないようにすることも効果があります。運動は習慣づけて行うことが効果的なので、無理をし過ぎないようにして体に合わせた内容の運動をすることが大切です。

 

もうひとつ重要なのはアルコールと喫煙との関係です。アルコールは適量であればアディポネクチンの分泌が増えますが、飲み過ぎてしまうと体脂肪率を上昇させて分泌が悪くなってしまいます。

もしもアルコールを摂取する時には摂取量に気をつけるようにしましょう。

 


喫煙は老化を早めてしまう原因となるものなので、できる限り禁煙に近づけるようにすると健康維持効果が高まります。
これらのことに気をつけて生活するようにしてみてください!長生きしましょう!

 

<参考記事>

長寿ホルモン アディポネクチンを詳しく知る!

それ本当に効果ある?良質なアディポネクチンサプリを見抜く5つの方法

長寿ホルモン アディポネクチンを詳しく知る!

 

aaa

関連成分No.1!私のおすすめは岡部先生の「DSアディポ」です!
一緒に長生きしましょう!
アディポネクチンを増やす期待が最強のサプリです。

 

%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9d

No.1「DSアディポ」

大豆たんぱく(βコングリシニン)
食用亜麻仁油(オメガ3脂肪酸)
食用胡麻油(オメガ3脂肪酸)
シークワーサーエキス末(ノビレチン)
ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、レシチン

>>岡部先生が作ったDSアディポ公式サイト<<

いちばん有効と言われるβコングリシニンを筆頭にほか2つの主要成分も入っています。
3つの成分が全て入っているのは、このDSアディポだけです。
テレビ出演などでも有名な岡部先生が開発に関わっていることで話題になっています。

中はこのような感じです。

※アディポネクチンサプリは、安全のためにも正規の公式サイトがおすすめです。

 

スポンサードリンク


 

長寿ホルモン アディポネクチン

-長寿ホルモンアディポネクチンについて
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 長寿ホルモンアディポネクチンを増やす食べ物や運動を徹底的に探っていく! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.