長寿ホルモン「アディポネクチン」が増えると長生きできる?

長寿ホルモン アディポネクチン参考:岡部クリニック「奇跡のホルモンアディポネクチン」より

私はこの岡部先生の長寿ホルモンアディポネクチンのデータを見たときは、とても心に感じるものがありました。

このような予防医学でも検証されたアディポネクチンと長寿の関係ですが、私はこれを知ってから「どうせなら長生きしよう!」と思うように‥。

長寿ホルモンアディポネクチンを増やすために、いちばん大事な要素は何?

という部分を追求するために、いろいろと調べることにしました。


もちろん食事だけではなく、運動や生活習慣にもポイントとなる大事な要素はあります。そこでアディポネクチンと長寿の関係について、調べた事などから全体像をまとめてお伝えしていこうと思います。

ちなみに私も長寿ホルモンアディポネクチンが増やせるサプリを飲んでいますが、いちばん主要成分が多くて岡部先生が監修しているこちらが信頼も出来ておすすめです。

長寿ホルモンアディポネクチン研究で有名な岡部先生のサプリメント

長寿ホルモン アディポネクチン

長寿ホルモン「アディポネクチン」とは?

年を重ねるに従って、動脈硬化、糖尿病、高血圧、高脂血症…といった生活習慣病が気になってきますよね。アディポネクチンは長寿ホルモン・超善玉ホルモンなどと呼ばれて、これらの病気を予防・改善してくれる優れたホルモンなんです。

1996年に大阪大学で発見され「ジャパニーズホルモン」と呼ぶ医師もいらっしゃることで、近年とくに予防医学などで注目されているホルモンです。

長寿ホルモン アディポネクチン参考:日本内科学会雑誌「第95巻第3号2006」より

この長寿ホルモンアディポネクチンが体内に多いほど長寿に繋がる可能性が高いことが、予防医学の観点からも検証され公式なデータとして発表されています。

実際にメタボリックなマウスを使った実験からは、このような結果となっています。

長寿ホルモン アディポネクチン参考:岡部クリニック「奇跡のホルモンアディポネクチン」より

このデータは長寿ホルモンアディポネクチン研究の第一人者である岡部正医師のホームページに掲載されているもので、アディポネクチンをメタボなマウスに長寿ホルモンアディポネクチンを投与したときの生存率の変化を調べた実験結果です。

このマウスを使った実験では、内臓脂肪が多くメタボになると寿命は短くなりますが、遺伝子操作で長寿ホルモンアディポネクチンを増やすと寿命が延びることが証明されています。

この実験結果から分かることは、

「アディポネクチン量」と「寿命の長さ」は比例している

ということになります。

しかし一般的に体内のホルモンは、加齢とともに分泌量が減少してきます。長寿ホルモンアディポネクチンについても同じで、脂肪細胞より分泌されるホルモンですので一般的なホルモン同様に加齢とともに分泌量は減ってきます。

つまり長寿の方は歳を重ねるごとに長寿ホルモンアディポネクチンの分泌量が増えているのではなく、もともとアディポネクチン量の多い人が長生きをしていると考えられています。これがアディポネクチンが長寿ホルモンである、と言われている根幹の部分です。

参考:長寿ホルモン「アディポネクチン」とは?

参考:アディポネクチンの出し方とは?薬や漢方で摂取できないのはなぜ?

➤➤アディポネクチン研究で有名な岡部先生のサプリメント

 

長寿ホルモン「アディポネクチン」の役割とは?

この長寿ホルモン「アディポネクチン」は体内の脂肪細胞から作られる善玉ホルモンで、そのためには適度な脂肪が必要とされています。

長寿ホルモン アディポネクチン参考:岡部クリニック「アディポネクチンの役割」より

とくに若い女性の間では「痩せ型」の体型を魅力として捉えられることが多いですが、長寿ホルモン「アディポネクチン」を増やすためには標準体型を維持することが前提とされています。

その逆でメタボ体型では脂肪細胞が窮屈な状態になり、脂肪をうまく長寿ホルモン「アディポネクチン」に替えることができないことがわかっています。

長寿ホルモンアディポネクチン最大の役割としては、広範囲に渡って血管を修復・拡張や脂肪燃焼の作用があることです。よって糖尿病や高血圧を予防するといった効果が期待でき、メタボを予防する作用があることから結果的に長寿へとつなげることができます。

参考:アディポネクチンはメタボでもガリでも増えない!

 

長寿ホルモン「アディポネクチン」を増やすには?

長寿ホルモンアディポネクチンを増やすには、まず標準体型を作り適度な脂肪細胞が体内にあること、その上で適切な運動や食事によってさらに増やすことが可能になります。

長寿ホルモンアディポネクチンの増える運動とは?

長寿ホルモンアディポネクチンを増やすためには、息を止める必要のある激しい運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的と言われています。

長寿ホルモン アディポネクチン

瞬発力を競う運動よりも、ゆっくりと整った呼吸をしながら長い時間をかけて行う運動のほうが適しています。天候や季節の関係で屋外の運藤ができないときでも、家の中で行えるウォーキング方法なども有効な運動になります。

参考:アディポネクチンを増やす8つの運動を自分のできる範囲で!

長寿ホルモンアディポネクチンの増える食事とは?

長寿ホルモンアディポネクチンを増やす成分は、予防医学からも検証されているのがオメガ3脂肪酸、ノビレチン(柑橘類「シークワーサー」に含まれる成分)、βコングリシニン(大豆たんぱくの一種)、少量のアルコール、マグネシウム、食物繊維などといった自然界に存在する成分です。

長寿ホルモン アディポネクチン

とくに亜麻仁油に含まれる「オメガ3脂肪酸」は体内で作られることのない必須脂肪酸と言われていますので、積極的に外部から摂取することが大切です。

参考:長寿の秘訣は食事にあり!?抑えておきたい3つのポイント!

逆に長寿ホルモンアディポネクチンを減らしてしまう食べ物とは?

寿命を延ばす食べ物はよく聞きますが、逆に縮めてしまう食べ物についてはなかなか聞くこともありません。

良いものを知ったら悪いものも知っておかなければ、それこそ片手落ちです。

そこで気をつけたい食べ物として7選にしてピックアップしましたので、ぜひ長寿のために活用してみてください。私もなかなか実践できていませんが、意識しておくだけでも少しは違ってくると思います。

参考:【寝たきり老人にならないために】寿命縮める食べ物7選とは?

 

生活習慣と長寿ホルモン「アディポネクチン」の関係は?

長寿ホルモンアディポネクチンと生活習慣は切っても切れない関係があり、毎日の生活を見直すことで長寿に繋がると言われています。

長寿ホルモン アディポネクチン

とくに飲酒や喫煙、不規則な生活は長寿ホルモンアディポネクチンを増やす妨げになりますので、「まあこれ位ならいいか‥」ではなく少しずつでも見直すことが大切です。よく暴飲暴食は体に悪いと言われますが、それも長寿ホルモンアディポネクチンを増やすことを考えると理に叶った考え方と言えます。

長寿ホルモンアディポネクチンを少しでも多く増やすためには生活習慣との関係がもっとも深く、毎日の生活の中で注意するべき項目がいくつかあります。その中でもとくにポイントとして知っておきたいのが「運動」と「食事の成分」について。

「運動」におけるポイント

まず毎日の生活の中で継続しておきたいポイントの「運動」について、ただ闇雲に運動をすればいいのではなく「有酸素運動」を心掛けることによって長寿ホルモンアディポネクチンの産生を促すことにつながります。

とくに中高年になってくると瞬発力重視の呼吸を止めて一瞬の判断を要する運動は体に負担をかけることにもつながりますので、できればゆったりとした規則正しい呼吸で行えるウォーキングなどは長寿ホルモンアディポネクチンに最適な運動といえます。

また水泳とまで行かなくても水の中を歩くウォーキングであったり、雨や雪などで天候が悪ければ家の中で階段を昇り降りするだけでも、何もしないよりは長寿ホルモンアディポネクチンを増やすために有効です。

「食事」におけるポイント

毎日の「食事」で成分のバランスを気にすることはあっても、長寿ホルモンアディポネクチンが少しでも多く増えるための成分については考えることもないはずです。

そこで気にしておきたいのが長寿ホルモンアディポネクチンの産生をより促す成分についてです。

予防医学の研究データからも分かっている長寿ホルモンアディポネクチンを増やすための成分として最もポイントとなるのが、「β-コングリシニン」「ω3系脂肪酸」「ノビレチン」の3つです。

この3つの成分については長寿ホルモンアディポネクチンを増やす作用があるといったデータがあることからも、積極的に毎日の食事の中において取り入れることを生活習慣の一部として心掛けておくことも大切です。

「β-コングリシニン」

大豆中に含まれる「大豆たんぱく質」は中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させ善玉コレステロール(HDL)の上昇を促す働きがあることで、アメリカ食品医薬品局などの専門機関が健康機能を認識し該当商品に表示することが認められています。

また京都大学の鬼頭誠名誉教授が共同研究を行った結果、大豆中に約5%含まれる「β-コングリシニン」を1日5gを摂取することで血液中の中性脂肪の値が改善され内臓脂肪が低減するとの報告があります。

「ω3系脂肪酸」

「ω3系脂肪酸」を代表するものとしてα-リノレン酸があり、人の体内で作ることのできない必須脂肪酸のひとつです。体内に入ると代謝によってEPA・DHAと変化します。

植物系の油の中ではとくに亜麻仁油に多く含まれ、またEPA・DHAで有名なサバやいわしなどの青魚にも豊富に含まれることで有名な脂肪酸です。

EPA・DHAは肝臓の中で2つの作用を及ぼし「脂質の脂肪産生を抑制する働きがある」「脂肪酸を分解する効果が期待できる」などが認められています。また血管内における中性脂肪の分解を促すことによって、これらの相乗効果で中性脂肪を減らす効果がより期待できるようになります。

「ノビレチン」

おもに柑橘系の植物に含まれるフラボノイドの一種で、「ノビレチン」は血糖値の上昇を抑える効果やメタボを予防する働きがあることがわかっています。

またアルツハイマー型認知症の予防やアレルギーの抑制といった効果にも期待が持たれ、長寿の秘訣としても注目を集めています。

参考:生活習慣がそのまま長寿につながる!?気をつけたい3つのポイント

➤➤岡部先生の研究からできたアディポネクチンサプリ

長寿ホルモン「アディポネクチン」はサプリも効果的?

長寿ホルモンアディポネクチンを増やすためのサプリは、いろいろなメーカーが様々なスタイルで販売しています。その中でもポイントとなるのが、使用されている成分です。

長寿ホルモン アディポネクチン

予防医学で有効と言われている成分「β-コングリシニン」「ω3系脂肪酸」「ノビレチン」が使われているサプリメントであれば、その効果を最大に期待できるとされます。

有効な成分の中でもとくにシークワーサーに含まれる「ノビレチン」については沖縄特有のフルーツでもあるために、サプリメントで長寿ホルモンアディポネクチンを補うという考え方もひとつの手段になります。

とくに毎日が忙しい社会人にとって運動と食事バランスの両立を継続することは、なかなか難しいというのが正直なところです。その気持ちはあってもつい忘れてしまい、いつの間にか元通りの生活に戻ることが予測されます。

せっかく長寿にと思って始めた運動や食事がおろそかになると、長寿対策どころか日が増すごとに少しずつ長寿から遠ざかっていくといった「逆の結果」に陥ってしまいます。

長寿対策をしっかりと継続させるという意味でも、サプリメントによる長寿へのサポートは一理ある考え方と言えます。

参考:アディポネクチンサプリランキング!主要成分量が多い順です

健康長生き25の秘訣~朝起きてから夜寝るまで~

健康で長生きするために一日を見直してみませんか?

朝起きてから夜寝るまでには実に様々な場面で健康長寿になれるポイントがあり、ちょっと気に掛けるだけでより長生きが出来るといわれています。

朝起きたとき、まずどんなことをしていますか?

  • お昼ご飯の大事なポイントは?
  • 入浴のときに気をつけることは?

などなど様々なポイントを25の項目に細かく分けて、具体的に詳しく調べて誰でもできることをお伝えしています。

参考:【健康長生き25の秘訣】朝起きてから夜寝るまでのチェックポイント

長寿ホルモンアディポネクチンの第一人者岡部先生とは?

長寿につながるアディポネクチンの重要性を解きながら生活習慣病の対策に取り組まれ、予防医学の分野でも第一人者といわれている岡部先生について詳しくお伝えします。

東京・銀座にある「岡部クリニック」院長

1953年東京生まれ。1978年慶應義塾大学医学部卒業。
カナダ、カルガリー大学留学。医学博士。

日本病態栄養学会評議員、日本糖尿病学会認定専門医・指導医、日本肥満学会会員。

●出版本

奇跡のホルモン「アディポネクチン」 講談社 2007年
「かくれ肥満」が危ない! 青春出版社 2009年
100歳まで現役 アディポネクチン長寿法 有楽出版社 2013年
などなど

●出演した番組

「おもいッきりテレビ」「寿命をのばすワザ百科」
「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「ザ・怪傑ドクター」(TBS系)
「主治医が見つかる診療所」「解決スイッチ」(テレビ東京系)
「垣花正あなたとハッピー」(ニッポン放送)などに出演。

●岡部先生の軌跡

亀田総合病院副院長を務めた後にオーダーメイド医療を理想に掲げ、東京・銀座に岡部クリニックを設立されています。メタボ外来の専門医として生活習慣病の予防と治療に長年携わっています。

また生活習慣病の第一人者といわれており、その功績からテレビやラジオ等に出演し毎日の生活でのアドバイスなどを発信しています。テレビのメディアでは初めてメタボリックシンドロームを取り上げ、肥満による病気の怖さについて警鐘を鳴らした先生でもあります。

岡部先生ご自身の著書によって紹介した「かくれ肥満」という造語が流行し、これを機に若者世代から中高年世代まで幅広くメタボ・肥満に興味を持つキッカケとなりました。

またフリーアナウンサーみのもんた氏の糖尿病の主治医であることでも有名な先生です。

参考:岡部先生ってどんな人‥??

長寿ホルモンアディポネクチン研究の第一人者 岡部先生のサプリメント

一度きりの人生を、少しでも長く生きませんか?

岡部先生が長寿ホルモンアディポネクチン研究で携わってきた膨大なデータをもとに、「自分が飲みたい!と思うものを‥」という長寿への願いが込められて開発されたサプリメントを毎日の暮らしの中に取り入れてみてください。

長寿ホルモン アディポネクチン

長寿ホルモンアディポネクチン研究における第一人者「岡部先生」の優しさと長寿への期待、この2つが詰まったサプリメントであればきっと誰もが長寿の人生を送ることができるはずです。

岡部先生の長寿ホルモンアディポネクチン研究から開発されたサプリメントには、実際に利用している方からこのような声が寄せられています。

 

✅ 健康診断でメタボと言われてたのがお腹周りがスッキリと標準体型になった。

 

✅ 仕事で平日は家にいなくてもポストに届くので受け取りが楽。


✅ 薬ではないので飲み忘れがあっても気にしなくていい。


✅ これで長生きができるかと思うと毎日がワクワクと楽しくなってきた。


✅ 国内で作られているから安心して飲むことができる。


✅ 血液検査で数値が良くなかったのが改善されてきた。


✅ 家系が糖尿病持ちのため心配だったので飲んでおこうと思った。


✅ 家族みんなにすすめることが何だか嬉しい気がする。


✅ スカートがきつかったのが履けるようになった。


✅ 岡部先生をテレビで見て根拠がきちんとしていたので納得できた。

 


あなたの長寿ホルモンアディポネクチンはどれくらいですか?

長寿ホルモン アディポネクチン

最新の予防医学では、

「少しでもアディポネクチンを増やしておくことが長生きにつながる」

と言われています。

 

岡部先生なら安心して身を任せることのできる名医です。

一度きりの人生を少しでも長く楽しみましょう!

長寿ホルモン アディポネクチン

>>岡部先生が開発したアディポネクチンサプリを見てみる<<

 

 

 

aaa

関連成分No.1!私のおすすめは岡部先生の「DSアディポ」です!
一緒に長生きしましょう!
アディポネクチンを増やす期待が最強のサプリです。

 

%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9d

No.1「DSアディポ」

大豆たんぱく(βコングリシニン)
食用亜麻仁油(オメガ3脂肪酸)
食用胡麻油(オメガ3脂肪酸)
シークワーサーエキス末(ノビレチン)
ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、レシチン

>>岡部先生が作ったDSアディポ公式サイト<<

いちばん有効と言われるβコングリシニンを筆頭にほか2つの主要成分も入っています。
3つの成分が全て入っているのは、このDSアディポだけです。
テレビ出演などでも有名な岡部先生が開発に関わっていることで話題になっています。

中はこのような感じです。

※アディポネクチンサプリは、安全のためにも正規の公式サイトがおすすめです。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 長寿ホルモンアディポネクチンを増やす食べ物や運動を徹底的に探っていく! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.